乾燥に効果的なツボ

今年の冬はほとんど雨が降らないため毎日乾燥がひどいですね。

そして例年以上に肌の乾燥で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

今回は乾燥肌に効果的なツボについてです。

 

東洋医学では、体内の水分管理が上手くいかないと肌などが乾燥すると考えます。

そしてその機能を有するのは肺になります。

肺の機能として

①全身の「気」の流れを統括する。

②「気・血・水」を身体のすみずみまで行きわたらせる。

「水分」を皮膚表面など全身に循環させる。

ということがあります。

特に③がそのことをあらわしていますね。

 

ところが冬は空気の乾燥によって肺がダメージを受けやすくなります。

肺の機能が低下すると、水分の循環が悪くなり肌が乾燥してしまうということです。

 

そこで効果的なツボとしては肺の機能を高めて、全身を潤す『尺沢』がおススメです。

『尺沢』

ツボの場所

肘の内側のしわ上で、肘を曲げると出る太い腱の親指側にあります。

ツボの押し方

ツボ押しする腕と反対の手の親指以外の4本の指を肘のくぼみにあてがい、5回軽めの力で押します。逆の腕も同様に行いましょう。

1日2回行いましょう。テレビを見ている時などながらで押すのがおススメです。

※痛くなるほどは押さないようにしましょう。強すぎる圧迫は逆効果です。

 

尺沢のツボ押しは全身の水分の循環を改善するので、肺や皮膚だけではなく、喉の乾燥や咳にも効果が期待できます。

循環改善の為には、当然循環するための水分が必要になります。

冬は水分摂取が減りがちですが、こまめな補給も心がけましょう。

ぜひお試しください!

 

2019年02月15日