東洋医学の気・血・水とは

今回は東洋医学で重視される「気・血・水(津液)」の概念についてです。

人間の身体は「気・血・水(津液)」の3つの物質で構成されています。

これらが体内を循環することによって生命活動が維持されています。

人間の各器官は「気・血・水(津液)」から栄養やエネルギーを供給されます。

そのため3つのバランスが良く、順調に循環していれば「健康な状態」と言えます。

 

3つの物質の意味、働きについて

「気」

・意味

人間が生命活動を行うためのエネルギー

・働き

身体を温める

血・水を体内にめぐらせ、体外への余分な流出を防ぐ

体表を保護して外からの病気の侵入を防ぐ

つまり「気」は身体を覆っていて人体を保護しているような感じです。

 

「血」

・意味

西洋医学と同じく血液のことを指すが、東洋医学では栄養分全体のことを表す

・働き

身体の各器官、組織に栄養を運ぶ

精神活動を行う基礎となり、精神の安定も担っている

 

「水(津液)」

・意味

血液以外のリンパ液、涙、汗、尿などの水分のこと

・働き

器官や臓器を循環し、身体に滋養と潤いを与える

皮膚には潤いを与え、関節をなめらかに動かす

必要に応じて、汗・涙・唾液・鼻水などを作り、体温調節や外敵を排出する

 

 

「気・血・水(津液)」のバランスが崩れ、過不足が起こると病気などにつながります。

「気・血」は経絡を通っていると考えられています。

経絡とは身体にあるツボ(経穴)同士をつないだ線のようなものです。

つまり鍼灸治療でツボを刺激すると滞っていた経絡の流れが改善します。

そのため「気・血・水(津液)」のバランスが良くなり、症状改善につながります。

 

今回のブログは東洋医学の中でも比較的想像しやすいところかなと思います。

これをきっかけに東洋医学や鍼灸治療に興味が出たらうれしいです!

ではまた次回。

2019年03月15日