熱中症について

今回は熱中症に関するお話です。

まだ夏でもないのにと思われるかもしれませんが、屋外での活動が増え急激に暑くなることもあるゴールデンウィーク付近の天気では熱中症になる方も多いようです。

身体が暑さになれていない為、急な気温変化に対応できず体内に熱がこもってしまうため発症しやすいと考えられます。

そこでGWを楽しんで過ごしていただくために気をつけたいことについてお伝えします。

 

どんな症状?

❶めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。   

一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

 

❷筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。

筋肉がけいれんしたり、硬くなることもあります。

 

❸体のだるさや吐き気         

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

 

❹汗のかき方がおかしい        

ふいてもふいても汗が出る、全く汗をかいていないなど、汗のかき方に異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

 

対策

❶水分をこまめに取る

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

❷くび、わきの下、そけい部を冷やす

熱中症が疑われるような症状を感じたら、氷・保冷剤など使い動脈が体表近くを通るくび、わきの下、そけい部を冷やしましょう。

休んでも症状が改善しない時は速やかに医療機関を受診しましょう。

 

ゴールデンウィークでもときに30度を超すこともあると思います。

そんなときの屋外の活動では注意が必要です。

熱中症なんてなるわけないと思っているこんな時期は対応が遅れて危ないこともあります。

そういう可能性もあるんだなと頭に入れておいて頂けると幸いです。

それでは良いゴールデンウィークをお過ごしください!

2019年04月27日