暑い時期の夜間の格好について

先日は5月にもかかわらず、異常な暑さでしたね。

中には体調を崩された方もいるのではないでしょうか?

いきなりあのような気候になると身体は参ってしまいますね。

 

一方で夕方になり陽が陰ると一気に過ごしやすい気温になります。

そして夜になると肌寒い日さえあります。

ですが日中が暑いため夜間の格好も夏仕様になっている方もいるかと思います。

例えば部屋着が半袖やハーフパンツになったりなどです。

それから布団に関しても暑さが嫌で思わず剥いでしまったりもすると思います。

 

夏でも冬でも寝ている間に身体は冷えてしまいます。

ただ冬は寒いためしっかりと温める人がほとんどです。

一方これからの時期は涼しさを求め肌の露出が多い状態で寝てしまう人が増えます。

そのため場合によっては冬以上に身体が冷えてしまうこともあります。

身体が冷えれば筋肉は硬くなってしまいます。

朝は身体が痛いという人が多いですが、原因はこんなところにあるというわけです。

 

起床時の痛みを防ぐ為には生地はどんなに薄くても構わないので、長袖、長ズボンを着用し

肌を露出しないことがポイントです。

これはこれから迎える本格的な夏でも同じことがいえます。

つまりエアコンをつけて寝たとしても身体の冷え過ぎを防ぐことが出来ます。

 

暑いのに長袖なんてと思いますが、これで痛みを防げるなら安いものではないでしょうか。

ご自身で行える工夫はしっかりとして身体を守りましょう!

2019年06月01日