運動の秋

ここ数日少しづつですが秋のような天気の日も出てきましたね。

これぐらいの気温になると夏には暑すぎて出来なかった運動をする方も増えてくると思います。

そこで今回は秋に運動をする効果についてです。

 

私たちのからだには体温を一定に保つ機能があり、気温に対応して、エネルギーを発散することで体温を調整します。

夏は暑いため、体温を保つために使われるエネルギーは少なくなります。

一方、冬は寒さで体温が下がらないよう、エネルギーを多く使い熱を保ちます。

つまり食べ物などで摂取したエネルギーを使って体内で燃やし熱を作って、からだを温めていると思ってもらうとわかりやすいかと思います。

このようなエネルギーの働きを基礎代謝といいます。

基礎代謝が高ければ高いほどエネルギーをたくさん必要とするので、太りにくく痩せやすいからだになるということです。

つまり夏が過ぎ、涼しくなってくる秋はからだが冷えてしまうのを守るために、どんどん代謝が高まってくる時期になるということです。

更にそこで運動すると基礎代謝はあがりやすくなり、運動の効果が出やすくなるというわけです。

秋は体感的にも暑すぎず、寒すぎず運動に適した季節といわれますが、こういったからだ的なちゃんとした理由からも『運動の秋』と言えます。

 

・注意点

運動をするときに準備運動をせず、いきなりはじめてしまう方がいると思います。

特にウォーキングのような軽い運動であればあるほど、前も後もやらず、運動しっぱなしの人もいるかと思います。

ですがこれではせっかくの運動のリスクは倍増するし、効果は半減してしまいます。

つまり準備運動をせずに筋肉が硬いまま動けばケガをしやすくなるし、動いて使った筋肉をそのままにしておけば、張って硬くなってしまいます。

ですからアキレス腱伸し、屈伸など本当に簡単でその場で出来るものでいいので、前後にやってみてください。

そして前後で行うと伸びの違いから運動で筋肉が動くようになっている事にも気づけます。

準備運動での身体の伸びやすさをバロメーターにすると運動のモチベーションにもつながりやすいので、必ず行うようにしてください。

2019年09月20日