顔に現れるからだの状態

今回は顔に現れる状態の意味についてです。

これは治療の際にも用いるものです。

ご自身やご家族のからだの状態の参考にしていただければと思います。

 

・顔色

赤い:熱、のぼせがある

白い:血液が不足している状態(血虚(けっきょ))

赤黒い:血流が滞っている状態(瘀血(おけつ))

 

・おでこが黒く、産毛が濃い

呼吸器系、皮膚など肺関連の状態が弱い

 

・おでこの吹き出物

瘀血、婦人科系疾患、ホルモンバランスの乱れ

 

・まぶた、鼻の吹き出物

脂肪やあくの強いものの摂り過ぎ

 

・ほおの吹き出物

肝臓の代謝機能の低下

 

・口の周りの吹き出物

胃腸の疲れ

 

・あごの吹き出物

瘀血、婦人科系疾患、ホルモンバランスの乱れ

 

・フェイスラインの吹き出物

しつこい瘀血

 

・髪や皮膚につやがない

血虚

 

・目の周りの腫れ

水分代謝不良

 

・目の充血

瘀血によるのぼせや気の高ぶり

 

・目の下のくま

下半身の冷え、婦人科系疾患、腎臓・膀胱系の冷え

 

・くちびるの色

うすい:血虚

暗赤色:瘀血

 

どれもよく見かける状態で、症状によっては食事などでご自身で対応できることもあると思うので、気にしてみてはいかがでしょうか。

2019年10月25日